塚本塾 お問い合わせフォームはこちらです。

なんか詩的なタイトルになりました

中3Fさんの天才的な才能が爆発しました


「先輩・後輩って、英語でなんて言うのん


私:う~ん、厳密にはそういう言葉はないねん・・・


「それって英語がおかしいのん?それとも日本語がおかしいのん?」


私:どっちがおかしいとか、イケてるとか、決められへんねん。


「でもウチはなぁ、日本語のほうがええ感じやと思うであの・・・あれ、なんやったっけ・・・」


「ムササビ・・・ ん??ちゃうわ 木漏れ日・・・

「・・・せや 『わびさび』 やぁ 日本語は『わびさび』があるねんっ


スゴイ才能ですねぇ

どんなに計算しても、そんなボケはなかなか出てきません


「ムササビ」 → 「木漏れ日」 → 「わびさび」


もう、天才としか言いようがない

Fさん、その才能が存分に発揮される日が来ることを願っていますよ~