塚本塾
お問い合わせフォームは
こちらから


先週の土曜日、京産大附属・辻村先生の講演会の後、午後からは中学生全員をひとりずつ塾に呼んで、生徒懇談を行ないました

ここまでほとんど不安材料がなく、今後のスケジュールと動き方の確認をするだけで、あとは実際にがんばるのみ、という下地ができている生徒

一方で、まだまだ基本的な部分から逐一説明して、手取り足取りのガイドが必要な状態の生徒

状況は様々ですが・・・
各自に、来月の期末テストまで(中3は学校の実力テストや塾での模試も含む)の、やることを箇条書きにして「見える化」するように、やることリストを作成するように指示しました

さてみんな、どんなリストを持ってくるでしょうか

受けるテストは皆同じですが、「やることリスト」の内容は大きく異なるはずです

項目をたくさん挙げている生徒、そうでない生徒、

具体的に書けている生徒、あいまいで抽象的な生徒・・・

しっかり書ける生徒及びそのご家庭の共通点、それはひとえに、

「学習の優先順位が高い」

これに尽きます。
ここはひとつ、うまくできている子のリストを手本にしましょうか

全員でこういうことが共有できるのも、塚本塾の個別演習指導のよいところです