2014 春チラシ 表2014 春チラシ 裏




2/25(火)折込予定のチラシです



学習法書籍塚本塾が本に掲載されました!

「全国実力派の塾長が語る 100の学習法」
               (エール出版社)

塚本塾
お問い合わせフォームは
こちらから



入試のシーズンであり、中学生の学年末テストが近づき、新学年も目前のこの時期ですから、塾へのお問い合わせを少しずつ頂いております。

この時期のお問い合せやご相談をお伺いしながら、感じることがひとつあります。

それは、


「様子を見てから、考えます・・・」

は、うまくいかないケースが多い、ということです。


「学年末テストの様子を見てから・・・」

「中学入学後の様子を見てから・・・」

「クラブとの両立の様子を見てから・・・」

「初めての英語の様子を見てから・・・」


「~の様子」を見てから、入塾テストを受けてみたり、体験授業に来てみたり、というケースです。

このパターンでは、なかなかうまくいかないことが多いのです。


うまくいかないのはなぜか?

その理由はおそらく、

「時間の経過とともに、環境に自然に適応するようになるだろう」

という考えにあると思います。


反対に、うまくいく、あるいは向上が見込まれるケースは、

「こうありたい、という目標をもって、自分を環境に適応させていく明確な意志を持っている」

場合ですね。

新しい学年になる時期や新しい学校に入る時期、多少の負荷がかかるのは当たり前。

それも全て込みで、新たな目標に向かってやってやる! ぐらいの気合いを持っていることです。

目の前にある枠組みに自分を適応させて、さらに何かいいものをつかみとってやるという、生徒本人とご家庭のあり方なのでしょう。



塚本塾を開いて2年ですが、わずか2年の間でも、思い返せばこのパターンが当てはまります。

開校当初、「様子を見てから・・・」と、ゆるりと入塾されてこられた方はほとんど、残念ながら去って行かれました。

様子うんぬんに関係なく、やると決めてビシッと入塾してきた子は、今も元気に頑張っています。

塚本塾は、自立型学習を中心に据えていますので、生徒本人の明確な意志及びご家庭の明確な意志が、特に重要になるのかもしれません。

南陽・城南菱創・莵道受験専門と、上位校受験専門を掲げており、次年度からは、上位大学進学を掲げて高校部も開設します。

塾としてブレることなく、塚本塾は次年度も歩みを続けます。