4月チラシ表4月チラシ裏


京都御三家・南陽・城南菱創 トップ進学校受験専門 塚本塾
お問い合わせフォームは
こちらから




実は、昨年の高校受験を通して反省することがありました。


この仕事を20年もやっていると、どうしてもやってしまうことがあります。

私だけかな?

新しい生徒と出会い、塾という空間でしばらく一緒に過ごしてその生徒を見ているうちに、その子が2年後、3年後にどこまで成長するかを勝手に算段してしまうのです。

もちろん、学力的な面での話しです。

この子だったら◯◯高校ぐらいの感じかな・・・とか、

英語は偏差値にして◯◯までいくけど、数学はちょい厳しいかな・・・とか。

そしてだいたい、あくまでもだいたいですが、この見立ては結構当たります。

今までは当たってきました。



昨年の5月に、この記事を書きました。


「挑戦する気持ち」 2017年5月13日



ここで書いたAさんは、中1で入塾してきた頃の私の見立てなど軽々と覆し、

驚くべき成長を見せてくれました。

高校受験を通して成長するとは、まさにこのことかと。

成績はもちろんですが、心も、考え方も、芯の強さも、全てにおいてです。

あんなに一途に、一心不乱に打ち込む姿はそうそう見られるものではありませんでした。


残念ながら目標としていた高校には届きませんでしたが、

いやもう、それはどうでもいいと思えるくらいに(いや、よくはないですが)、やり切ったのです。

受験を終えた後の、あのAさんの清々しさ。

人間、本当にやり切ったらこういう感じになるんやなと、わずか15歳になったばかりの中3女子から教えられました。

そしてAさんにとってここからの3年間、思い描いていたのとは別の学校に行くことにはなりましたが、

間違いなくまた素晴らしい3年間にしていくんやなと確信できました。


生徒たちに日頃、

「可能性あるんやから、どんどん挑戦しよう!」

とか言うてる私ですが、そうは言いながらも、実は生徒の限界を無意識に設定していたんです。

教えてくれてありがとう、Aさん。

まだまだ私も、塾長としての限界突破を重ねていかなければなりませんからね。