京都御三家・南陽・城南菱創受験専門 塚本塾

堀川・南陽・城南菱創など、トップ進学校受験専門!
受験生の80%以上が京都御三家・南陽・城南菱創レベルに合格する塾です。
近鉄伊勢田駅を東に上がって徒歩2分。 JR踏切の東側です。
TEL : 0774-26-6438    京都府宇治市開町12-7

塚本の指導観

塚本塾へのお問い合わせフォームはこちらから
 
塚本へのご相談メールはこちらから tsukamoto-juku@td5.so-net.ne.jp


          
     ◆◆◆京都御三家・ 南陽・城南菱創 トップ進学校受験専門 ◆◆◆
             2017年度入試 塚本塾 合格状況

   
 受験生の80%以上が京都御三家・南陽・城南菱創レベルに合格する塾です。
      小学生・中学生ともに、入塾テスト・入塾基準があります。
              入塾基準・詳しくはこちらから



     ◆◆◆ 小学生 4回無料体験 図形・文章題特訓 受付中 ◆◆◆

          ◆対象: 算数の図形・文章題を得意にしたい小4~小6生

          ◆期間: 11/13(月)~12/21(木)
                  (期間内で4回をお選びください)
    
          ◆時間: 16時30分~19時の間で1回70分

          ◆特典: 無料学力判定テスト(算・国)で学習診断ができます。

        


     ◆◆◆ 期末テスト 450点突破プログラム 受付中 ◆◆◆

           ◆対象: 本気で450点を突破したい中学生

           ◆期間: 11/13(月)~11/29(水)
                 (上記期間内のテスト前7日~10日間)

           ◆費用: 16,000円(税・教材費込) 


       
お申込み・お問い合わせはお電話か、下記のお問い合わせフォームよりご連絡ください。

塚本塾へのお問い合わせフォームはこちらから

メールでの塚本へのご相談も受け付けております。
塚本へのご相談メールはこちらから tsukamoto-juku@td5.so-net.ne.jp

塚本塾、楽しそうですね?

9月チラシ表9月チラシ裏


京都御三家・南陽・城南菱創 トップ進学校受験専門 塚本塾
お問い合わせフォームは
こちらから




夏休みが終わりましたね。

塚本塾は昨日まで数日間のお休みをいただいておりました。

そのお休み中に、塾前に置いてあるパンフレットがドドッとなくなっていました。

世の中には、夏休み終盤に塾探しをする方がそんなにいらっしゃるのだろうか・・・?




保護者の方やお問い合わせの方が時々おっしゃいます。

「塚本塾って楽しそうですね。ブログ拝見しました。」


まあ、そうですね。
ブログですから、合宿などのイベント等、楽しそうなことを多く載せています。

ですが、普段は別に楽しいことはしていません。

黙々と勉強しています。
率直に言って、「楽しい」というものではないと思います。
そもそも3時間の間、質問をしたり指示を受けたり、あるいは私や講師との相談をする子以外ほとんど誰も声を発しませんし(笑)


それでも、生徒たちは「楽しい」とか、「心地よい」とか言っているようです。

あるお母様によると、「清々しい顔をして帰ってきます。」だそうです。
それはよく言いすぎかな(笑)


この「楽しい」はたぶん、

ここにいる仲間と集中環境がつくりだす、場の空気でしょうね。

やりたいこと、やるべきことに思う存分取り組める環境と仲間がいる。

普通に言うところの、友達と遊んでワイワイできて楽しい、とはだいぶ意味が違います。


この「楽しい」をしっかり満喫してもらえるように、私はこれからも全精力を注ぎます。

入塾基準の理由

夏チラシ表夏チラシ裏


京都御三家・南陽・城南菱創 トップ進学校受験専門 塚本塾
お問い合わせフォームは
こちらから





夏期講習のお問い合わせを続々いただいております。
ありがとうございます。

あっ、中3はあと1名で受け付けを締め切ります(^_^;)




ここ数日、似たようなお話しを複数の方からいただきました。


例えば、塾生保護者の方。

「塚本塾は敷居が高くてウチの子には無理やっていう声を、周りのお母さん方からよく聞きますよ。入塾テストもあるし。」


例えば、よく行くお店の店員さん。
(中学生を持つお母さん)

「先生のところは、オール4ぐらいないとダメなんですよね?
うちの子の塾を考えています。少し成績が足らないんですけど大丈夫でしょうか?」



私が入塾基準を設けた理由はただひとつです。

塚本塾が、もっと勉強したい、バリバリやっていきたい、という人の集まる場となってほしいからです。

野球やサッカーなどのスポーツのクラブチームで、その競技を好きな子がガンガン練習しているように、

ピアノが大好きな子がピアノ教室で一所懸命に打ち込んでいるように、

「勉強を頑張りたい!」

「もっともっと上を目指したい!」

という子が思う存分に勉強する。

そういう集団というか、チームを作りたいんですね。



そしてそういうガッツのある子、あるいはその保護者の方は、

実は入塾基準や入塾テストなんかに怯まず、

いや、むしろ入塾基準があることも知らずに果敢に突っ込んで来られることが多いです(笑)



さらに言いますと、塚本塾の入塾テストは、やる気をみるためのテストでもあります。

自分の力で学習を進める個別演習指導の塾ですから、

もちろん、そのための点数(学力)は見ます。

が、やる気も見ます。

入塾テストは何回でも再テストが可能です。

もし仮に、1回目のテストで不合格だったとして、

しっかり準備をした後に再テストを志願してくるような子がいたら・・・

やる気に曇りがないのなら、もうそのガッツだけで合格です。



点数が良いとか悪いとかよりも、やる気とガッツが有るか無いか。

私は、そういうのが好きなんですよ。

果敢に突っ込んでこられる方、ぜひお待ちしてます(笑)

塾の持つ空気

夏チラシ表夏チラシ裏


京都御三家・南陽・城南菱創 トップ進学校受験専門 塚本塾
お問い合わせフォームは
こちらから




塚本塾は、



・頭のいい子

・バリバリ勉強をしたい子

・成績が今ひとつでも、勉強に対してほとばしるガッツのある子

・溢れんばかりのやる気を抑えきれない子



にとって居心地のいい塾です。

そしてこれからも、そうあり続けるための努力は惜しみません。




たとえば・・・

「はい、テスト◯◯点以下の人は居残り補習ね!」

巷の塾さんではよくある光景だと思います。
そういう私も、勤め人の頃はよくやっていました(笑)


これに対して、塚本塾では、勉強に関して何かを強制してやらせることは一切ありません。
塾にいるみんなが、自主的に頑張ろうという空気です。

みんなが頑張るからこの空気になるのか、
この空気だからみんなが頑張ろうと思うのか。

まぁ、両方でしょうね。



点数が悪い子の成績を上げたり、

やる気がない子のスイッチを押してあげたり、

そういうことをするのが塾の本分ではないのか!

という向きがあるのはわかりますし、確かにそれは必要だと思います。



でも、

最初から450点の子が480点に上がったり、

やる気満々で入塾してきた子が、そのやる気にさらに火をつけたり。

初めから成績のいい子や、

さらなる高みを目指したい子。

そういう子が快適に過ごせる塾でありたいと思います。



実は、このピンと張り詰めた雰囲気を維持することと、

勉強ができる子の要求に応えつつ、高い次元へ引き上げてあげることは、

結構難しいんですけどね・・・

これが私の存在意義、これからも絶対に譲れないところです。

今夏は中3生を2名募集(^o^)

夏チラシ表夏チラシ裏



京都御三家・南陽・城南菱創 トップ進学校受験専門 塚本塾
お問い合わせフォームは
こちらから




最近入っているチラシです。
期末テスト結果を受けてのお問合わせが増えてきました。
ありがとうございます。




毎年今頃の時期になると、ぼちぼち中3生の募集を締め切っていますが、
今年はあと2名の募集をいたします。

中3生の定員まで、あと2名空いているからです。

ちなみにこの定員の数ですが、座席の有無などの物理的な要素による定員数ではありません。

「今年はあと2名ほど中3生を指導したいな~」という、
塾長である私の気分で決まる定員数です

私の気分で決まる定員数ですが、さすがに夏以降は中3生の受け付けを締め切りますので、ご了承ください。

前半戦で最も熱い、「夏期講習」や「夏期合宿」を共に過ごさないとなると、
やはり気持ちの上で、一緒にやっていくことはちょっと難しいです。

ましてやトップ校を目指すとなると、それなりの時間も必要ですしね。



今年は珍しく、中3生専用講座をチラシに掲載しました。

「トップ校合格100時間特訓」です。




ええ~!100時間も!!ムリムリ~

という方は無理でしょう。はい。
他の塾さんの、お手軽な夏期講習をおすすめします。



100時間!よっしゃ、やったろ~!!

という方、その気合いを持って、ぜひいらっしゃい!
トップ校合格の真髄を授けましょう!


まぁ、塚本塾中3生はこの夏100時間どころじゃないんですけどね(笑)

期末テスト期間も粛々と

夏チラシ表夏チラシ裏


京都御三家・南陽・城南菱創 トップ進学校受験専門 塚本塾
お問い合わせフォームは
こちらから




火曜日に新聞に入っているチラシです。
早速お問い合わせをいただきました。
ありがとうございます。



こんな記事がありました。


勉強ができると肩身が狭い?



まぁ、私自身は優等生からは程遠かったので、優等生の本当の気持ちはわかりませんが(笑)

塚本塾の方針といいますか、思うところと同じことを書いてくれています。


野球やサッカーに打ち込んでいると、すごいねえ、頑張っているねえと言われる。

私が学生時代はネクラなスポーツとされていた卓球で、中学生チャンピオンが登場して話題をさらう。

スポーツではない、汗と涙のさわやかなイメージを伴いにくい将棋でさえ、
中学生の大活躍に賞賛の嵐が巻き起こる。


なぜ、勉強に打ち込んでいる子にだけは、

「勉強だけできても、ガリ勉ではアカンで。」

のようなスタンスになるのでしょうか。


スポーツや芸術などと同じく、正月返上で勉強に打ち込んでもいい。

勉強ができるなら堂々と、自分がよりよい人生を生きるための武器にすればいい。


少なくとも塚本塾の生徒たちには、そう考えるようになってほしいし、
そのように行動してほしい。
IMG_2565IMG_2567





うちの子たちは、期末テスト期間も粛々と行動していました。

IMG_2557

あっ、高校生たちはぼちぼち始動です。



そんな考えに賛同いただける方からの、お問い合わせをお待ちしております。

勉強のやり方というか、コツ その2

春チラシ表 春チラシ裏


京都御三家・南陽・城南菱創 トップ進学校受験専門 塚本塾
お問い合わせフォームは
こちらから





前回のブログにて、


・「勉強のやり方」を習得する前提として、多大な努力と圧倒的な量が必要

・できるようになるだけの努力と量を費やして、その結果、「やり方」に行き着く


というお話しをしました

すると、その考えに共感していただいた塾長さんからメッセージをいただき、
その塾さんのブログで紹介していただきました

城陽市寺田の、「勉楽個別」さんです


勉楽個別さんのブログ


勉楽個別さんは、1対1あるいは1対2スタイルの個別指導塾さんで、
塚本塾とはその指導方針や指導スタイル、目指す方向性がかなり異なる塾さんだと思います

それほど違う二つの塾ですが、勉強の本質という点においては、
勉楽個別の塾長さんも私も、全く同じ考えであるということですね


塚本塾は、「京都御三家・南陽・城南菱創受験専門」の塾です

そういうレベルを目指し、そのレベルをクリアしたい生徒に必要なのは、圧倒的なアウトプットの量です

学習内容を教わり、そして教わったことがわかるという、
いわゆるインプットの部分は、学校の授業を通して80%以上できていることが必要だと考えます

残りの20%を明確にして解決し、あとは実戦的なアウトプットの量(時間)を確保する、
これを実現するための、塚本塾の個別演習指導です

練習量を限界まで増やし、想定できるあらゆる練習をこなして本番に備える

まぁ、勉強もスポーツも芸術活動も、根底は同じですよね

勉強のやり方というか、コツ

春チラシ表春チラシ裏




京都御三家・南陽・城南菱創 トップ進学校受験専門 塚本塾
お問い合わせフォームは
こちらから




今回も、塾にお問い合わせ頂いた保護者様から伺うお話しについてです

いわゆる、「勉強のやり方やコツ」についてです



「ウチの子、勉強のやり方がわかってないみたいなんですよ~」

「なんかもうちょっとこう、コツがわかればやる気もでるんでしょうけど・・・」



初めての面談ではもう、超定番のトークではないでしょうか

わかります。わかりますよ、これを言われる親御さんのお気持ち

そこの部分を求めて、こうやって塾にお問い合わせされて、面談にまで来られているわけですからね


ただ、私はこのセリフに少し過敏なのかな

どうしても反応してしまいます

「勉強のやり方」を習得する前提として、多大な努力と圧倒的な量が必要と考えるからです


確かに、成績の良い子はほぼ例外なく、自分の「勉強のやり方」を持っています

では、どうやってその勉強のやり方を習得したのか

親や先生など他の誰かから、


「勉強ができるようになって、点数が上がる方法はこれだ

「はい、わかりました~


なんていうやり取りを経て、以外にも簡単にできるようになったのか

いいえ、違うと思います

できるようになるだけの努力と量を費やして、その結果、やり方に行き着いているのです

やり方やコツが先にあるのではないのです


もちろん、塾では一定の手順は教えます

でも、それを聞いて少し試してみた程度では、到底自分のものにはなりません

コツだけを知って、うわべの形だけを真似しても、体得しないことには本物にはならないのです

この感覚、練習を重ねて何事かをマスターした経験のある方にはおわかりいただけるのではないでしょうか


塚本塾では、個別演習指導を通して、そこのところを生徒たちに体感してもらいたいのです

塚本塾の塾内ルールについて

春チラシ表春チラシ裏


京都御三家・南陽・城南菱創 トップ進学校受験専門 塚本塾
お問い合わせフォームは
こちらから






4月に入り、塾探しをされている保護者様からのお問い合わせが増える時期となりました

先日面談にてお話ししたお母様から、

「食べ物や持ち物に関してのきまりなど、何かルールはありますか?」

とのご質問がありました


そこではたと気づいたのですが、

そういえばウチの塾、そういうルール的なもんがひとつもないな・・・と


勉強の仕方については、もちろんいくつかの基本動作を決めています

・原則として3回繰り返して学習する

・テキストの問題に決められた印をつける

・1冊のテキストを完璧にする

等々、生徒個々にはもう少し細かい手順を課してもいます


でも、生活面というか、行動面というか、その種のルールを全く決めていませんでした

いえ、正確に言うと、塾を開いた頃にはルールを決めようと考えていたのですが、
結局何もないままここまで来てしまった、というのが本当のところです


ルールもペナルティも、な~んにもないので、塚本塾では


・遅刻し放題

・サボり放題

・スマホさわり放題

・お菓子食べ放題

・居眠りし放題

・寄り道し放題


ですね


まぁ、だれもそんなことしませんが


考えてみれば、定期テスト期間の「8耐」や「朝勉」も、完全に自由参加ですし、

「朝勉」の6時30分開始も、何も強制せずとも勝手にみんな来ます

むしろ、早く来すぎないでね~、と釘を刺すぐらいです


というわけで、今さらのルールは作りません

そういうのはまぁ、当たり前という雰囲気ですので


これからも、この「当たり前」の雰囲気作りに注力していきます

根本になるもの

京都御三家・南陽・城南菱創 トップ進学校受験専門 塚本塾
お問い合わせフォームは
こちらから



昨日、警報のために小中学校が休みになりましたね

学校が休みになったみんな(特に中3生)は、さぁ、どんなふうに動くんかな 塾には早めの時間から来るんかな とあまり期待せずに待っていました


午前11頃に塾に来て事務仕事などをしていると、13時すぎに一人目のSさんがやって来ました

塾は11時頃から開けてはいましたが、まぁ、公式な営業時間は13時からなので、その時間をめがけてやってきたわけです


それからは続々と、順番に中3生たちがやってきました
IMG_8109
ウチの生徒たちですから、

これをチャンスとばかり、思う存分にやっています



IMG_8111

今回は、Aくんでさえやって来たのでちょっと驚きましたが



この時期の中3生ですから、そろそろ当然といえば当然なのでしょうが、これがなかなかできない子も多いと聞きます

何をするのか、どんなやり方でやるのかという話しも大切ですが、まずはこういうところですよね

こういうことを、当たり前にやる文化が塚本塾にはあります

まぁ、塚本塾では当たり前ですが

そんなに勉強するのん?? その2

夏チラシ表夏チラシ裏


新聞折込のチラシです





「夏・本気組を応援します」


南陽・城南菱創・莵道 トップ進学校受験専門 塚本塾
お問い合わせフォームは
こちらから



前回からの続きです

前回は、


・勉強ばっかり頑張ってるなんて、なんだかかわいそうやね


と、場合によってはそう見られる雰囲気があるようですが、いえいえ、当の本人たちは幸せな状況にある、というお話しをしました

なぜなら、「夢に向かって打ち込んでいる」からです



例えばウチの塾で彼らが打ち込んでいるのは勉強ですが、では、スポーツや芸術などの世界ではどうでしょう



野球選手やサッカー選手になりたくて、歌手やピアニストになりたくて、その道に懸命に打ち込んでいる姿

美しいですよね

そして、勉強を頑張っている子も、これと同じなのです

自分の夢に向かって、懸命に勉強に打ち込んでいる姿、将来は◯◯をしたいと思い描いている姿

やっぱり美しいですよね



で、監督およびコーチである私としては、スポーツでいうところの強豪クラブチームのような、強いチーム=強い塾を作りたいわけです

大きな夢と高い志を持つ子たちとともに、小粒でもピリッと辛いチームを作りたい

一生懸命にやりたい子たちにとって、心おきなく打ち込める環境を作りたい



そのためには、

セレクション=入塾テスト を行いますし、

フィジカルチェック=入塾基準 も設定します

しかし、最も必要な条件は、

「高みを目指す気概を持ち、一心不乱に打ち込めること」

です

これは、残念ながら、テストでは測れません

自分の行動によって、それも、行動の継続により証明するものです


こういう素晴らしい子たちとともに、より高みを目指すチームを作り上げることが私の目標なのです
来てくれた人
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

オンライン個別ライブ指導
一徹バナー
記事の中から検索
  • ライブドアブログ