上位公立高校・難関大学受験専門 塚本塾

小学1年生~高校3年生対象
高校受験生の80%以上が京都御三家・南陽・城南菱創レベルに合格する塾です。
近鉄伊勢田駅を東へ徒歩2分。 JR踏切の東側です。
TEL : 0774-26-6438    京都府宇治市開町12-7

塚本の指導観

塚本塾へのお問い合わせフォームはこちらから

 
塚本へのご相談メールはこちらから tsukamotojuku@gmail.com

 LINE読者登録QRコードです。
          


           ◆◆◆ 上位公立高校・難関大学受験専門 ◆◆◆
             2019年度高校入試 塚本塾 合格状況

               小学1年生~高校3年生対象  
       高校受験生の80%以上が京都御三家・南陽・城南菱創レベルに
       合格する塾です。
      

    ◆◆◆ 2学期期末テスト 450点突破プログラム 受付中!◆◆◆

       ◆対象: 本気で450点以上をとりたい中学1・2年生

       ◆日程: 期末テストの10日~1週間前からテスト当日

       ◆時間: 平日は4~6時間程度、土日は「8時間耐久特訓」
                  
       ◆費用: 10,000円(税・教材費込)(初めての方限定)

           ※ブログ内のチラシをクリックしてご覧ください。
        
      
お申込み・お問い合わせはお電話か、下記のお問い合わせフォームよりご連絡ください。

塚本塾へのお問い合わせフォームはこちらから

メールでの塚本へのご相談も受け付けております。
塚本へのご相談メールはこちらから tsukamotojuku@gmail.com

できる人のテスト勉強

2学期期末チラシ 表完了2学期期末チラシ 裏完了



上位公立高校・難関大学受験専門 塚本塾
お問い合わせフォームはこちらから




「提出物が終わったので、ちゃんとしたテスト勉強をしていく。」

期末テスト1週間前の、昨日の記録ノートのコメント。
塚本塾中3、Yさんのものです。



「テスト勉強をしながら、他の勉強もすすめていきます。」

こちらも中3Yくん、絶賛成長中の、小6からの塚本塾生え抜きです。



二人とも、なにげにすごいことを言っていますよ。
できる人のテスト勉強って、こんな感じです。


「当たり前」が違います。


提出物のワークを適当にやって、
間違えた箇所は赤字で書き直して、とりあえず「ちゃんと」提出。

プリントを「ちゃんと」やって、
ノートも決められたページ数を「ちゃんと」こなして提出。

このような、大多数の普通の人が考える「ちゃんと」と、できる人の「ちゃんと」とは、
前提としての「当たり前」が違いすぎます。


この差は、非常に大きい。

この差を埋めるのは、並大抵のことではできません。

なぜなら、勉強を頑張る、頑張らないという次元の話ではないからです。

普段の自分のあり方から見つめ直さなければならないので。


塚本塾では、そういうところに働きかけていきます。

働きかけ続けていると、気づいた人から変わっていきます。

行動が変わり、結果が変わり、
気づけばいつの間にか、「当たり前」が変わり、
自分のあり方も変わっている。

見ていて、清々しいです。

公立前期選抜が終わると・・・

学年末チラシ表学年末チラシ裏


上位公立高校・難関大学受験専門 塚本塾
お問い合わせフォームはこちらから




公立高校の前期選抜が終わりましたね。

前期選抜が終わると、毎年のことですが・・・


京都府の塾業界ではこの時期、「前期症候群」などと囁かれる、一種の燃え尽き症候群のようなものが話題になることがあります。

「前期症候群」とは、
前期選抜の合否はまだ発表されてはいないし、入試が終わったわけでもないにもかかわらず、


・やり切った感を漂わせる

・自分の受験は終わったという錯覚に陥る

・したがって、勉強に全然身が入らない

・最悪の場合、塾にも来なくなる


という生徒の状態を指していいます。

これが、多くの塾の先生方の頭を悩ませているようです(^_^;)



ウチは、そういうのんとは無縁ですが(^o^)
IMG_1933

前期選抜が終わった翌日の今日、日曜日。



中3生10名全員、1ミリたりとも変わらず励んでいます。

私立高校に専願で合格を決めた人も、

前期選抜が本命で、もし中期を受けることになっても余裕で合格するだろう人も含めてです。



「入試の翌日の行動で、キミたちが得てきたことの真価が問われる」

1年間、そう伝え続けてきました。

合格すること、それ自体はもちろん大切ですが、
受験を通じて、勉強することの本質をつかんでもらいたいと考えています。

今年もなんとか伝わったというか、想いを感じてくれたようでよかったです。


「入試の翌日」

ヘンな話しかもしれませんが、個人的には合格発表よりドキドキしているかもしれません(笑)

中3生 日曜特訓真っ只中

上位公立高校・難関大学受験専門 塚本塾
お問い合わせフォームはこちらから



毎年10月中旬から2月初旬まで、中3生を対象に「日曜特訓」を実施しています。

実施期間は毎年同じですが、内容は同じではありません。
中3生たちの学力、ポテンシャル、志望校、性格やタイプなどを考えて毎年内容を変えます。

一斉指導にする年もあれば、テスト形式にする年もあります。
また、普段どおりの演習指導の年もあります。

今期は、堀川・嵯峨野・西京・桃山高校あたりの最上位校を目指すグループと、
南陽・城南菱創あたりの専門学科および普通科を目指すグループとに分けました。

このあたりの指導形式やグループ分けに関する柔軟性は、ウチのような超少人数個人塾の強みです。

ちなみに、指導内容や形式を検討する際には、学力や志望校よりも、性格やポテンシャルを重視します。
目に見える数値よりも、生徒がここまで来たストーリーと、その先の可能性を踏まえて考えるのです。

数値では説明できない、完全なる私の皮膚感覚のものですから、かなり慎重に熟考しなければなりません。
でも、これがまさに、生徒たちが私の下にいてくれることに対する価値でもあります。
塾長の腕の見せどころですね。
IMG_0458

こんな感じです。今期は。



よしよし、しっかり質問しとるな・・・
と思ったら、隣の部屋からやって来た高2のIさんでした(笑)

高校生はまだまだテスト期間の真っ只中でしたね(^_^;)

やっぱり基礎基本ですね(^_^;)

2学期期末チラシ表2学期期末チラシ裏



上位公立高校・難関大学受験専門 塚本塾
お問い合わせフォームはこちらから



先日行った中3模試であった間違い。



・visitting

→正しくはvisiting。
sittingなどとはちがい、tの字を重ねない。



・3分の15

→そら、間違いではないですが。

でも、そこはね、5って書きましょうね・・・(^_^;)



この2つのミスは両方とも、
いつも偏差値70以上で、全国ヒトケタ順位に入るような生徒のものです。

そんな生徒からこういうミスが生まれるなんて、考えにくいですよね?

それでも、やってしまうんです。

最後の最後は、無意識の勝負というか・・・



今年度の中3生は、総じてかなり優秀です。

中1から在籍している生徒にはずっと、御三家レベルを意識してやってきました。

基本問題はできるから、応用問題、思考力の問題、おもしろい問題にウエイトを置いて。



そんな実力のある子たちでも、ミスはしてしまいます。

あっ、「実力のある」というのは、偏差値68を確実に超える程度だと思いますが、

やはり基礎基本の徹底反復は大切ですね。

実力のない子であれば、それはもう言うまでもありません。


基礎基本の徹底反復。

今回は少し自戒を込めて。



塚本塾のスタンス

上位公立高校・難関大学受験専門 塚本塾
お問い合わせフォームはこちらから



今回、夏期講習に来られた保護者様と面談をしました。
ほとんどの方が、そのまま継続しての入塾となりました。
本気で取り組くむことの入り口として、みなさん何らかを掴んでくださったようです。

それはさておき、この面談にて痛感しました。
塚本塾は今年で7年目になりますが、地域の方にさえ、まだまだ知られていないなぁと。



塚本塾は、上位公立高校・難関大学受験専門の塾であること。

入塾基準を設けていること。

入塾基準があるとはいえ、杓子定規に基準を運用しているわけではないこと。

上位校を目指す生徒が中心ですが、中位の学校を目指す生徒も頑張っていること。

一番重視しているのは、現状の学力云々よりも、自分の力で切り拓いてやろうという志だということ。

塾に来る時間、帰る時間さえも自由で、規則も一切ない、自由すぎる塾であること。

ただし、その自由を有効に使うためには、かなりの自立精神が必要だということ。



等々、思うところがたくさんあった、それに気づかせてもらった面談でした。

近いうちに入塾基準を変更しようと思います。

新中1生でなんとなく城南菱創や南陽・莵道ぐらいに行けたらいいな~とお考えの方へ②

5月チラシ 表5月チラシ 裏



京都御三家・南陽・城南菱創 トップ進学校受験専門 塚本塾
お問い合わせフォームは
こちらから




さて、GWがやって来ます。

中学に入って初めてのGWで、中1生にとっては部活もまだそれほどハードにはなっていない時期でしょうか。

部活がある人もない人も、盛大に遊びに行く計画を立てている人も、思いっきり楽しみましょう。

ただし、このことは頭に入れておいてください。


「連休明け10日後に初めての中間テストがある」


これ、けっこう大事ですよ。

本気で気にしていない人もいるようですし、

知っているけど忘れたふりをしている人もいるようです。


まぁ、どっちにしても・・・

「連休が明けたら10日で初めての中間テスト」

って、なかなかのスケジュールですよ。

満開の休みモードからテスト勉強モードへと、そうそう簡単に切り替えられますかね?


塚本塾は4月28日(土)~5月6日(日)までお休みをいただきます。

私もめいっぱい遊びに出かけますよ(^o^)

7日(月)から急に仕事モードに戻る自信は満々・・・うそです(笑)

いや、そこはバレない程度にがんばりますが。


中1の1学期中間テストは、多くの人にとって人生でMAXの点数を獲得できるテストです。

ここで集団の中のどの位置につけてスタートを切るか?

それが今後の「内申」を大きく左右します。

「内申」の重要性については、以前に述べたとおりです。

少なくとも、連休前に学習した内容は完璧にしてから遊びにいきましょう。

連休明け、テスト10日前に、復習しながら新しい範囲も習得していくというのは・・・だいぶ難しいですよ。

新中1生でなんとなく城南菱創や南陽・莵道ぐらいに行けたらいいな~とお考えの方へ

4月チラシ表4月チラシ裏



京都御三家・南陽・城南菱創 トップ進学校受験専門 塚本塾
お問い合わせフォームは
こちらから




今日はこのあたりの中学校・高校の入学式でしたね。

新入生と保護者の皆様、ご入学おめでとうございます。
まさに入学式日和の、いいお天気でした。

私も母校である西宇治中の校門前にお邪魔して、塾のチラシを配らせていただきました。



そこで塾生保護者様はもちろんですが、そうではない知り合いのお母様方何人かともお話しする機会がありました。

私が塾をやっているということはご存知なので、自ずと成績や高校受験の話しになります。

多くの方がなんとなく、近いから城南菱創がいいな~、賢いから南陽がいいな~とおっしゃいます。



でも・・・

その高校入試に向けての戦いが、実は中1の今、この瞬間からすでに始まっているということをご存知でない、あるいは実感として持っておられない方がほとんどでした。



というのは、普通科の高校入試ですと、


内申(9教科の通知表)195点満点 : 入試の得点(5教科)200点満点


ですので、ほぼ1対1の比重なのです。



つまり普通科の場合、3年間を通して内申が高い生徒は、もうそれだけでほとんど合格を決めているようなものです。

そして、逆もまた然り。

いくら入試当日の得点力があっても、オール3に毛が生えた程度の内申では、南陽や城南菱創の受験にはほとんど勝算はありません。

専門学科の入試など例外はありますが、普通科の場合、入試当日までに勝負はすでについていると言っても過言ではないのです。

そしてその内申は、中1のいちばん初めの1学期中間テストから、音もなく静か~に(笑)、3年間積み上げられていくという事実。

本当に最初の最初から、学校の成績が大切になるのです。

このことをわかった上で、それぞれの素晴らしい一歩を踏み出してくださいね。

新中3生 上位校受験者は先行逃げ切りで!

4月チラシ表4月チラシ裏



京都御三家・南陽・城南菱創 トップ進学校受験専門 塚本塾
お問い合わせフォームは
こちらから



塚本塾の指導方針としては、上位高校受験者については「先行逃げ切り」型を理想とし、目指しています。

ここでいう上位高校とは、

堀川高校探究科

西京高校エンタープライジング科

嵯峨野高校京都こすもす科

桃山高校自然科学科

の、公立高校の上位を占める専門学科を指します。


先行逃げ切り型とは具体的には、

「7月の模試までに一度は志望校の合格ラインに達しておく」

を実現することです。


部活を引退する人が多い夏休み以降なんて、ほっといても誰でも勉強はします。

みんなが頑張り始める時に、同じように頑張るなんて当たり前。

当たり前すぎて、他と差をつける行動とは言えません。


・周りと差をつける

・合格ラインに到達する勉強量、勉強内容の感覚をつかむ

・夏以降に向けての自信をつける


この3つを念頭に、4月~7月をやりきること。

これを実行して不合格になった人を、私はまだ知りません。

というか、実行する人がなかなか少ない(笑)


だからみなさん、チャンスですよ!

できるかできないかではなく、やるかやらないか、ですから。

塚本塾高校部 一般募集いたします!

4月チラシ表4月チラシ裏



京都御三家・南陽・城南菱創 トップ進学校受験専門 塚本塾
お問い合わせフォームは
こちらから



2018年度より、塚本塾高校部の一般募集をいたします。

と言いますと、今まで高校部はやってへんかったんか~い!と思われるかもしれませんが(笑)

いえ、やっていました。

が、原則として中学部から持ち上がりの生徒のみで開講していたのです。


ではなぜ今年度から一般生の募集を始めるのか?

その理由は・・・




私がそうしようと思ったからです(笑)



塾生や卒塾生たちの、東大をはじめとする難関大学合格の報告をくれる満面の笑顔や・・・

今回の高校受験を通して、次の大学受験でもなんとかサポートしてあげたいという想いが湧き上がったことや・・・

プライベートでの友人たちの息子、娘の大学合格の知らせや・・・

その他諸々いろいろなことに触発されて、このタイミングでそういう気持ちになったということです。

塾歴20年、塚本塾を開業して7年目にして現れた、私の心境の変化です。

大学受験もいっちょ、ガッツリやったろうかと。


ガッツリやったろう!とかたいそうに言うてるわりには、すでに高校生の残席は4席だけなんですけどね(^_^;)

小さな教室で、超少人数でやっているもので致し方ない。。。

そんな仲間の一員になってみたいな~、という方はお早めにどうぞ。

「あえて中小塾を選ぶ際の5つの観点」だそうです。

学年末テスト 表学年末テスト 裏


京都御三家・南陽・城南菱創 トップ進学校受験専門 塚本塾
お問い合わせフォームは
こちらから




塾前に置いてあるパンフがちょこちょことなくなっていきます。

ブログのアクセスが急激に増えている日があります。

お問い合わせのお電話をいくつかいただいています。


世間では塾選びの季節に入ったようですね。←他人事(^_^;)


こんな記事を見つけました。


「あえて中小塾を選ぶ際の5つの観点」



だいたいは、この記事の筆者がおっしゃるとおりだと思います。



>ファミレスでは絶対に食べられないような絶品に出会える可能性がある一方で、
>まったく舌に合わない料理が出てくる可能性もある。

いや~、まさにそのとおりです。
私の場合、この「絶品」を追求した結果、独立開業するしかないという結論に至りました。



>もし「オリジナルのカリキュラム」を謳うのなら、カリキュラムは事前に明示されているべきだ。
>「カリキュラムは塾長の頭の中にある」というのでは、最初から生徒や保護者に対して不誠実であると言わざるを得ない。

カリキュラムですか・・・
ウチの場合、カリキュラムは塾長である私の頭の中と皮膚感覚にしかありません(笑)
全て私が指導しますので、この塾は私で、私がカリキュラムです。
受験生に対しては特に、その時、その一瞬においてのベストの指示が私の腕の見せ所だと思っています。
やはりこれって不誠実ですかね?(笑)



>自分のやり方にこだわり、柔軟性に欠けるのでは、本当の職人とはいえない。
>「職人気質」はいいけれど、「職人気取り」はダメなのだ。

「塾職人」とか自分で名乗っている私なんて、完全にアウトやないですか!(笑)
それでも私は「塾職人」を究めたいのです。



冗談半分いろいろ言いましたが、一般の方が中小塾を選択肢のひとつとされる際には、とても参考になる記事だと思います。

私も、「絶品」を目指して精進します。
自己紹介

塚本塾塾長 塚本 太郎

<略歴>
神明小・西宇治中出身。

アメリカの高校で日本語講師として勤務(日本語教師資格あり)。
TOEIC930点。

帰国後、大手進学塾に入社。
翌年、京都南部の教室責任者となり4年間務める。

その後、個人経営塾に転職し、個人塾経営のスキルを学ぶ。
大阪府守口市に新教室を開校し、教室責任者として2年間務める。

2012年3月、長年の夢であった塚本塾をふるさとの宇治市に開校。

上位公立高校・難関大学受験専門塾として7年目を迎え、高校受験生の80%以上が御三家・南陽・城南菱創レベルに合格する塾として爆進中。

志を高く持つ塾生たちに、思う存分学習に打ち込める環境と時間を提供し、本気でやる子に魂を込めてサポートします。

アクセス             (伊勢田駅から徒歩2分)
来てくれた人
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

オンライン個別ライブ指導
一徹バナー
記事の中から検索
  • ライブドアブログ