京都御三家・南陽・城南菱創受験専門 塚本塾

堀川・南陽・城南菱創など、トップ進学校受験専門!
受験生の80%以上が京都御三家・南陽・城南菱創レベルに合格する塾です。
近鉄伊勢田駅を東に上がって徒歩2分。 JR踏切の東側です。
TEL : 0774-26-6438    京都府宇治市開町12-7

塚本の指導観

塚本塾へのお問い合わせフォームはこちらから
 
塚本へのご相談メールはこちらから tsukamoto-juku@td5.so-net.ne.jp


          
     ◆◆◆京都御三家・ 南陽・城南菱創 トップ進学校受験専門 ◆◆◆
             2017年度入試 塚本塾 合格状況

   
 受験生の80%以上が京都御三家・南陽・城南菱創レベルに合格する塾です。
      小学生・中学生ともに、入塾テスト・入塾基準があります。
              入塾基準・詳しくはこちらから



  ◆◆ 新中学1年生 「はじめての英語/数学 3回完結講座」 受付中 ◆◆

          ◆対象: 新中学1年生(現小6生)

          ◆期間: Aターム 2/19(月)~3/4(日)
                Bターム 3/5(月)~3/16(金)
                Cターム 3/19(月)~4/5(木)
                   (各ターム内で3回をお選びください)
    
          ◆時間: 13時~19時の間で1回70分

          ◆費用: 1科目(70分✕3回) 3,000円(税・教材費込)
                    (1日に2科目受講も可能です)

        

       
お申込み・お問い合わせはお電話か、下記のお問い合わせフォームよりご連絡ください。

塚本塾へのお問い合わせフォームはこちらから

メールでの塚本へのご相談も受け付けております。
塚本へのご相談メールはこちらから tsukamoto-juku@td5.so-net.ne.jp

「あえて中小塾を選ぶ際の5つの観点」だそうです。

学年末テスト 表学年末テスト 裏


京都御三家・南陽・城南菱創 トップ進学校受験専門 塚本塾
お問い合わせフォームは
こちらから




塾前に置いてあるパンフがちょこちょことなくなっていきます。

ブログのアクセスが急激に増えている日があります。

お問い合わせのお電話をいくつかいただいています。


世間では塾選びの季節に入ったようですね。←他人事(^_^;)


こんな記事を見つけました。


「あえて中小塾を選ぶ際の5つの観点」



だいたいは、この記事の筆者がおっしゃるとおりだと思います。



>ファミレスでは絶対に食べられないような絶品に出会える可能性がある一方で、
>まったく舌に合わない料理が出てくる可能性もある。

いや~、まさにそのとおりです。
私の場合、この「絶品」を追求した結果、独立開業するしかないという結論に至りました。



>もし「オリジナルのカリキュラム」を謳うのなら、カリキュラムは事前に明示されているべきだ。
>「カリキュラムは塾長の頭の中にある」というのでは、最初から生徒や保護者に対して不誠実であると言わざるを得ない。

カリキュラムですか・・・
ウチの場合、カリキュラムは塾長である私の頭の中と皮膚感覚にしかありません(笑)
全て私が指導しますので、この塾は私で、私がカリキュラムです。
受験生に対しては特に、その時、その一瞬においてのベストの指示が私の腕の見せ所だと思っています。
やはりこれって不誠実ですかね?(笑)



>自分のやり方にこだわり、柔軟性に欠けるのでは、本当の職人とはいえない。
>「職人気質」はいいけれど、「職人気取り」はダメなのだ。

「塾職人」とか自分で名乗っている私なんて、完全にアウトやないですか!(笑)
それでも私は「塾職人」を究めたいのです。



冗談半分いろいろ言いましたが、一般の方が中小塾を選択肢のひとつとされる際には、とても参考になる記事だと思います。

私も、「絶品」を目指して精進します。

個別演習指導=アウトプット学習

学年末テスト 表学年末テスト 裏


京都御三家・南陽・城南菱創 トップ進学校受験専門 塚本塾
お問い合わせフォームは
こちらから



学習方法に関するこんな記事がありました。


教科書を繰り返し読むくらいなら◯◯せよ



学習においてのアウトプットとインプットについて述べられています。

学習に関していえば、

インプット=授業で教わる、テキストの導入・解説を読む

アウトプット=問題演習をする、テストをする

大雑把にいうとこんな感じでしょうか。

グラフ





で、この記事の内容を簡単にまとめると、


・覚えようとするための行動よりも、覚えたかどうかを確認するための行動のほうが効果が高い


具体的に言うと、例えば英語なら、


・単語を何回も書いて練習する < 思い出せるかどうか単語テストをする


ということでしょうか。

ご意見は様々あるとは思いますが、私は基本的にこの記事に賛成です。

あくまでも私の経験上ですが、ある程度の暗記ができる人ならアウトプットのほうが効果は高いです。


塚本塾は個別演習指導の塾です。

個別演習指導とは、「演習」=アウトプットを中心とする指導形態のことです。

「学校の授業」=インプットは、その80~100%は学校で済ませてもらいます。

塾では、残り20%(もしあれば)ほどの補足と、大量の演習=アウトプットが中心となります。

そして力のある人なら、このアウトプットの中でどんどんレベルを上げていくことが可能なのです。


そういうわけで、基礎的な学力がすでにあり、その上で上位校を目指す意欲のある人には、アウトプット=演習を中心とした塚本塾の指導形態が最適なのです。
(と、私は信じています(^_^;))

実際に、少しの力と強い意志さえあれば、ごく普通の子が御三家狙いにまで激伸びするなど、私も驚くようなケースが毎年見られるのです。

あり得ない!・・・ですかね?

京都御三家・南陽・城南菱創 トップ進学校受験専門 塚本塾
お問い合わせフォームは
こちらから



塚本塾では12/22(金)より冬期講習が始まっています。

小・中学校の終業式の日からのスタートですね。

講習が始まってから2日目、中3生たちからこんな会話が聞こえてきました。



「◯◯(友達の名前)に、冬休みは塾に毎日行くって言うたら、頭おかしいんちゃう?って言われた・・・」

「1日8時間ぐらいとか、14時間勉強会があるとか言うたら、狂ってるやろ!って・・・」


おかしいですか?
狂ってますかね?

超上位校、または上位校を目指す集団ですから、当たり前やと思いますが。

ましてや中3生。

培ってきたものが花開き、成績が激伸びするのがこの時期です。
まぁ、これまで誠実に培ってきた人だけですが(笑)



で、そんなことを言うてるお友達はどうなのかと聞くと、

「冬休みの間に6日程度!」

「1日に1時間半がMAXかな?」

だそうです。

ライトに、サラッと、受験に向かう。

もちろん、それも悪くはないですよ。

ただ、私の目指すところとは全く違うのです。

泥臭く、悪戦苦闘して、一途な想いの中で時には涙もこらえながら、その先にやっと合格をつかむ。

そう、想いがあるかないか。

同じ受験をするにしても、この差は果てしなく大きいです。

そんな想いを持つ生徒と一緒にやっていきたいのです。


あっ、こんな熱いこと言うてたら、また

「一度行ったらなかなか帰れない塾」

とか言われますかね(笑)

知的好奇心の種

冬チラシ表冬チラシ裏


京都御三家・南陽・城南菱創 トップ進学校受験専門 塚本塾
お問い合わせフォームは
こちらから




2学期の保護者面談を行っています。

お母様方から、いくつかうれしい話しをお聞きしました。



・中学生のAさん

ある映画の挿入歌が好きになったことをきっかけに、英語の歌にハマっているそうです。

これは当然、普段の英語の勉強にも大いにモチベーションを高めてくれます。

歌ですから、学校のテストや受験には全く関係のない内容もたくさんあるはず。

でも、そんなことはお構いなし。

好きなものは好きなんです。



・小学生のBくん

塚本塾では、国語学習の一環として、塾から週に1冊の本を貸し出して読書課題を与えています。

様々な種類の本を読むのですが、このBくん、「母をたずねて」を読んだ日には号泣だったそうです。

この感受性、本に感動して泣けるって素晴らしいですね。

ちなみにBくんは、国語よりも算数がとても得意な少年です。



好きなことに没頭したり、何かに触れて感動を覚えたり。

そうしたことが、目の前の勉強に刺激を与えてくれる。

理想ですね。

何かに打ち込んで、そのエネルギーの余力で点数をとる、という感じでしょうか。



あっ、この二人は模試の偏差値でいうと、60~65あたりにいる生徒です。

なかなかようやりますよ。

点数を追い求めずに、余力で点数をとる!

これはカッコいいです。理想です。

塚本塾、楽しそうですね?

9月チラシ表9月チラシ裏


京都御三家・南陽・城南菱創 トップ進学校受験専門 塚本塾
お問い合わせフォームは
こちらから




夏休みが終わりましたね。

塚本塾は昨日まで数日間のお休みをいただいておりました。

そのお休み中に、塾前に置いてあるパンフレットがドドッとなくなっていました。

世の中には、夏休み終盤に塾探しをする方がそんなにいらっしゃるのだろうか・・・?




保護者の方やお問い合わせの方が時々おっしゃいます。

「塚本塾って楽しそうですね。ブログ拝見しました。」


まあ、そうですね。
ブログですから、合宿などのイベント等、楽しそうなことを多く載せています。

ですが、普段は別に楽しいことはしていません。

黙々と勉強しています。
率直に言って、「楽しい」というものではないと思います。
そもそも3時間の間、質問をしたり指示を受けたり、あるいは私や講師との相談をする子以外ほとんど誰も声を発しませんし(笑)


それでも、生徒たちは「楽しい」とか、「心地よい」とか言っているようです。

あるお母様によると、「清々しい顔をして帰ってきます。」だそうです。
それはよく言いすぎかな(笑)


この「楽しい」はたぶん、

ここにいる仲間と集中環境がつくりだす、場の空気でしょうね。

やりたいこと、やるべきことに思う存分取り組める環境と仲間がいる。

普通に言うところの、友達と遊んでワイワイできて楽しい、とはだいぶ意味が違います。


この「楽しい」をしっかり満喫してもらえるように、私はこれからも全精力を注ぎます。

入塾基準の理由

夏チラシ表夏チラシ裏


京都御三家・南陽・城南菱創 トップ進学校受験専門 塚本塾
お問い合わせフォームは
こちらから





夏期講習のお問い合わせを続々いただいております。
ありがとうございます。

あっ、中3はあと1名で受け付けを締め切ります(^_^;)




ここ数日、似たようなお話しを複数の方からいただきました。


例えば、塾生保護者の方。

「塚本塾は敷居が高くてウチの子には無理やっていう声を、周りのお母さん方からよく聞きますよ。入塾テストもあるし。」


例えば、よく行くお店の店員さん。
(中学生を持つお母さん)

「先生のところは、オール4ぐらいないとダメなんですよね?
うちの子の塾を考えています。少し成績が足らないんですけど大丈夫でしょうか?」



私が入塾基準を設けた理由はただひとつです。

塚本塾が、もっと勉強したい、バリバリやっていきたい、という人の集まる場となってほしいからです。

野球やサッカーなどのスポーツのクラブチームで、その競技を好きな子がガンガン練習しているように、

ピアノが大好きな子がピアノ教室で一所懸命に打ち込んでいるように、

「勉強を頑張りたい!」

「もっともっと上を目指したい!」

という子が思う存分に勉強する。

そういう集団というか、チームを作りたいんですね。



そしてそういうガッツのある子、あるいはその保護者の方は、

実は入塾基準や入塾テストなんかに怯まず、

いや、むしろ入塾基準があることも知らずに果敢に突っ込んで来られることが多いです(笑)



さらに言いますと、塚本塾の入塾テストは、やる気をみるためのテストでもあります。

自分の力で学習を進める個別演習指導の塾ですから、

もちろん、そのための点数(学力)は見ます。

が、やる気も見ます。

入塾テストは何回でも再テストが可能です。

もし仮に、1回目のテストで不合格だったとして、

しっかり準備をした後に再テストを志願してくるような子がいたら・・・

やる気に曇りがないのなら、もうそのガッツだけで合格です。



点数が良いとか悪いとかよりも、やる気とガッツが有るか無いか。

私は、そういうのが好きなんですよ。

果敢に突っ込んでこられる方、ぜひお待ちしてます(笑)

塾の持つ空気

夏チラシ表夏チラシ裏


京都御三家・南陽・城南菱創 トップ進学校受験専門 塚本塾
お問い合わせフォームは
こちらから




塚本塾は、



・頭のいい子

・バリバリ勉強をしたい子

・成績が今ひとつでも、勉強に対してほとばしるガッツのある子

・溢れんばかりのやる気を抑えきれない子



にとって居心地のいい塾です。

そしてこれからも、そうあり続けるための努力は惜しみません。




たとえば・・・

「はい、テスト◯◯点以下の人は居残り補習ね!」

巷の塾さんではよくある光景だと思います。
そういう私も、勤め人の頃はよくやっていました(笑)


これに対して、塚本塾では、勉強に関して何かを強制してやらせることは一切ありません。
塾にいるみんなが、自主的に頑張ろうという空気です。

みんなが頑張るからこの空気になるのか、
この空気だからみんなが頑張ろうと思うのか。

まぁ、両方でしょうね。



点数が悪い子の成績を上げたり、

やる気がない子のスイッチを押してあげたり、

そういうことをするのが塾の本分ではないのか!

という向きがあるのはわかりますし、確かにそれは必要だと思います。



でも、

最初から450点の子が480点に上がったり、

やる気満々で入塾してきた子が、そのやる気にさらに火をつけたり。

初めから成績のいい子や、

さらなる高みを目指したい子。

そういう子が快適に過ごせる塾でありたいと思います。



実は、このピンと張り詰めた雰囲気を維持することと、

勉強ができる子の要求に応えつつ、高い次元へ引き上げてあげることは、

結構難しいんですけどね・・・

これが私の存在意義、これからも絶対に譲れないところです。

今夏は中3生を2名募集(^o^)

夏チラシ表夏チラシ裏



京都御三家・南陽・城南菱創 トップ進学校受験専門 塚本塾
お問い合わせフォームは
こちらから




最近入っているチラシです。
期末テスト結果を受けてのお問合わせが増えてきました。
ありがとうございます。




毎年今頃の時期になると、ぼちぼち中3生の募集を締め切っていますが、
今年はあと2名の募集をいたします。

中3生の定員まで、あと2名空いているからです。

ちなみにこの定員の数ですが、座席の有無などの物理的な要素による定員数ではありません。

「今年はあと2名ほど中3生を指導したいな~」という、
塾長である私の気分で決まる定員数です

私の気分で決まる定員数ですが、さすがに夏以降は中3生の受け付けを締め切りますので、ご了承ください。

前半戦で最も熱い、「夏期講習」や「夏期合宿」を共に過ごさないとなると、
やはり気持ちの上で、一緒にやっていくことはちょっと難しいです。

ましてやトップ校を目指すとなると、それなりの時間も必要ですしね。



今年は珍しく、中3生専用講座をチラシに掲載しました。

「トップ校合格100時間特訓」です。




ええ~!100時間も!!ムリムリ~

という方は無理でしょう。はい。
他の塾さんの、お手軽な夏期講習をおすすめします。



100時間!よっしゃ、やったろ~!!

という方、その気合いを持って、ぜひいらっしゃい!
トップ校合格の真髄を授けましょう!


まぁ、塚本塾中3生はこの夏100時間どころじゃないんですけどね(笑)

期末テスト期間も粛々と

夏チラシ表夏チラシ裏


京都御三家・南陽・城南菱創 トップ進学校受験専門 塚本塾
お問い合わせフォームは
こちらから




火曜日に新聞に入っているチラシです。
早速お問い合わせをいただきました。
ありがとうございます。



こんな記事がありました。


勉強ができると肩身が狭い?



まぁ、私自身は優等生からは程遠かったので、優等生の本当の気持ちはわかりませんが(笑)

塚本塾の方針といいますか、思うところと同じことを書いてくれています。


野球やサッカーに打ち込んでいると、すごいねえ、頑張っているねえと言われる。

私が学生時代はネクラなスポーツとされていた卓球で、中学生チャンピオンが登場して話題をさらう。

スポーツではない、汗と涙のさわやかなイメージを伴いにくい将棋でさえ、
中学生の大活躍に賞賛の嵐が巻き起こる。


なぜ、勉強に打ち込んでいる子にだけは、

「勉強だけできても、ガリ勉ではアカンで。」

のようなスタンスになるのでしょうか。


スポーツや芸術などと同じく、正月返上で勉強に打ち込んでもいい。

勉強ができるなら堂々と、自分がよりよい人生を生きるための武器にすればいい。


少なくとも塚本塾の生徒たちには、そう考えるようになってほしいし、
そのように行動してほしい。
IMG_2565IMG_2567





うちの子たちは、期末テスト期間も粛々と行動していました。

IMG_2557

あっ、高校生たちはぼちぼち始動です。



そんな考えに賛同いただける方からの、お問い合わせをお待ちしております。

勉強のやり方というか、コツ その2

春チラシ表 春チラシ裏


京都御三家・南陽・城南菱創 トップ進学校受験専門 塚本塾
お問い合わせフォームは
こちらから





前回のブログにて、


・「勉強のやり方」を習得する前提として、多大な努力と圧倒的な量が必要

・できるようになるだけの努力と量を費やして、その結果、「やり方」に行き着く


というお話しをしました

すると、その考えに共感していただいた塾長さんからメッセージをいただき、
その塾さんのブログで紹介していただきました

城陽市寺田の、「勉楽個別」さんです


勉楽個別さんのブログ


勉楽個別さんは、1対1あるいは1対2スタイルの個別指導塾さんで、
塚本塾とはその指導方針や指導スタイル、目指す方向性がかなり異なる塾さんだと思います

それほど違う二つの塾ですが、勉強の本質という点においては、
勉楽個別の塾長さんも私も、全く同じ考えであるということですね


塚本塾は、「京都御三家・南陽・城南菱創受験専門」の塾です

そういうレベルを目指し、そのレベルをクリアしたい生徒に必要なのは、圧倒的なアウトプットの量です

学習内容を教わり、そして教わったことがわかるという、
いわゆるインプットの部分は、学校の授業を通して80%以上できていることが必要だと考えます

残りの20%を明確にして解決し、あとは実戦的なアウトプットの量(時間)を確保する、
これを実現するための、塚本塾の個別演習指導です

練習量を限界まで増やし、想定できるあらゆる練習をこなして本番に備える

まぁ、勉強もスポーツも芸術活動も、根底は同じですよね
来てくれた人
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

オンライン個別ライブ指導
一徹バナー
記事の中から検索
  • ライブドアブログ