京都御三家・南陽・城南菱創受験専門 塚本塾

堀川・南陽・城南菱創など、トップ進学校受験専門!
受験生の80%以上が京都御三家・南陽・城南菱創レベルに合格する塾です。
近鉄伊勢田駅を東に上がって徒歩2分! JR踏切の東側です!
TEL : 0774-26-6438    京都府宇治市開町12-7

小学生

塚本塾へのお問い合わせフォームはこちらから
 
塚本へのご相談メールはこちらから tsukamoto-juku@td5.so-net.ne.jp


          
     ◆◆◆京都御三家・ 南陽・城南菱創 トップ進学校受験専門 ◆◆◆
             2017年度入試 塚本塾 合格状況

   
 受験生の80%以上が京都御三家・南陽・城南菱創レベルに合格する塾です。
      小学生・中学生ともに、入塾テスト・入塾基準があります。
              入塾基準・詳しくはこちらから



        ◆◆◆ 夏期講習 「重要単元完成講座」 受付中 ◆◆◆

         ◆対象 小学3年生~中学3年生

         ◆日程 7/21(金)~8/12(土)・8/17(木)~8/31(木)
               上記日程から3日間を選択

         ◆時間 90分×3回
         
         ◆費用 8,000円(税・教材費込)


       
お申込み・お問い合わせはお電話か、下記のお問い合わせフォームよりご連絡ください。

塚本塾へのお問い合わせフォームはこちらから

メールでの塚本へのご相談も受け付けております。
塚本へのご相談メールはこちらから tsukamoto-juku@td5.so-net.ne.jp

もちろんやります! 期末テスト「450点突破プログラム」 

8耐1日体験講座8耐1日体験講座裏


京都御三家・南陽・城南菱創 トップ進学校受験専門 塚本塾
お問い合わせフォームは
こちらから





初めてお問い合わせをいただいた保護者様から、こんな質問を受けました


「今回の期末テストでは、いつもやっておられる対策講座はないんですか?」


はい

「450点突破プログラム」のことですね

もちろんやりますよ~


今回は、

「8時間耐久特訓(8耐) 1日体験講座」を作ってみたので、
450点突破プログラムが表に出ていなかっただけでした


しかしありがたいことに、ブログにアップもしていないのに、テスト対策講座についてご興味を持っていただいて

しかも、新聞折込チラシはおそらく届いていない地域からのお問い合わせです

うれしいですね~

こんなに小さな塾がコツコツと地道にやっている取り組みを、遠いところから興味を持って見てくれてはる方がいらっしゃるんです。

テンション上がります

ブレずに頑張ろう と想いを新たにしました

偶然とはいえ・・・(^_^;)

8耐1日体験講座8耐1日体験講座裏



京都御三家・南陽・城南菱創 トップ進学校受験専門 塚本塾
お問い合わせフォームは
こちらから





高校の中間テスト期間の時の話し。


城南菱創高校1年生のIくんとSさんは同じクラス

テスト範囲を見せてもらっていたら、ふと、彼らの時間割表が目につきました。

何気なく見せてもらうと、その時間割表の中にかつて見覚えのある名前が。

それは、私の高3の時の担任の先生と同じ名前でした

とはいえ、私が高3だったのは27年も前のこと。

今もまだ、同じ先生がご活躍中とは考えにくいなと思いながらも計算すると・・・


いや、あり得る


若い先生だったので、計算してみると年齢的に定年ちょい前ぐらいのお年です。

実はそれより前に、そのクラスのクラス写真を見せてもらっていました。

あの、担任の先生が真ん中に座って、クラス全員で撮るやつです。

でも、その時は担任の先生には全く興味がなく 完全にスルーしていました

改めて写真を見せてもらうと・・・


バッチリY先生でした

私の記憶の中のY先生そのままに、髪だけがめっちゃ白くなって

そら、気づかんわ


で、IくんやSさんがテスト勉強中に英語の質問を持ってくるのです。

「全然わから~ん」って。

この授業の先生はどんな先生?と尋ねると、

「Y先生

なんか、複雑な気持ちです


高校生当時、ダメダメだった私が今、塾を経営していて、

当時の担任の先生の授業についての質問を、自分の生徒から受けている・・・


うれしいような、なんか失礼なような・・・


今度機会が会ったらY先生に会いに行きたいと思います

中間テストフォロー3日間講座 受付中!

中間フォローアップ表中間フォローアップ裏


京都御三家・南陽・城南菱創 トップ進学校受験専門 塚本塾
お問い合わせフォームは
こちらから






テストに向けて、テスト前に頑張って備えるのは当たり前ですね。

これは、たいていの人がやっていると思います。

でも、テストが終わってからその結果・内容を吟味して、
次につなげられるように復習に取り組んでいる人は、ほとんどいないのではないでしょうか。


特に中3生は、これから学校の実力テストや塾での模試がたくさん待っていますね。

実力テストや模試で求められる総合力と、
定期テストで求められるひとつの単元に対しての深い理解力とでは、
その求められる力の種類が少し異なります。

したがって、そういうことを意識した上で、必要な内容を吟味して行う復習と、
ただ闇雲に、片っ端から問題を処理していくという復習とでは、その効果が大きく違ってくるのです。

私が最もお役に立てるのは、ここをしっかりと指示・指導してあげられる点です

まぁ、実際にやるのは生徒本人ですから、みなぎるやる気を持っていることが前提ですが


せっかく頑張った中間テストですから、しっかりやり直して自信をつけてみませんか。

その絶好の機会として、塚本塾では中学生を対象に、



中間テストフォロー3日間講座



を実施します。

詳細については、このブログに貼ってあるチラシをご覧ください

まずは保護者様との面談からスタートいたします。

ご希望の方には、塾職人・塚本が学習・進路相談もいたします。

次こそはと、決意を新たに、気合いの入った方からのお問い合わせをお待ちしております。

1学期中間テスト 8時間耐久特訓(8耐)

中間フォローアップ表中間フォローアップ裏


京都御三家・南陽・城南菱創 トップ進学校受験専門 塚本塾
お問い合わせフォームは
こちらから





5/13(土)・14(日)は8時間耐久特訓(8耐)でした。

9時から18時まで、昼休みとおやつ休憩をはさみながら、各自が中間テストに向けての取り組みを行います

新学年となって初めての「8耐」でしたが、今年度は今までにない、ある変化が・・・


中3生は、さすがに最上級生。
中1の頃の休み時間には賑やかに騒いだり、おやつのお菓子を独り占めしたりと、
かしこいけど精神年齢低い系 だった男子たちが驚くべき落ち着きぶり

おやつの時間にも動かず、ずっと席に着いているのです


中2生は、中1の頃からたいへん落ち着きのある子たちです
昼ごはんの後には塾の図書を引っ張り出してきて読書、
おやつ休憩も勉強しながらのおやつ、というタイプで・・・


そして中1生は、中1ながらに慎重に、一生懸命やり込む集団で、
体力・知力ともに、初めてのテストとは思えないほど8耐にフィットしています


こうして見てみると、今年度の中学生は全学年、超落ち着き系

「8耐」の昼休みとおやつの時間が、超静か

まあでも、考えてみると、上位校を目指す進学塾としては、これが本来あるべき姿なのかも・・・

年度によって、その年のメンバーによって、こんなにも塾の雰囲気が変わるものなんですね

今年は、「落ち着き系」で最後まで引っ張ってみたいと思います

挑戦する気持ち

中間フォローアップ表中間フォローアップ裏


京都御三家・南陽・城南菱創 トップ進学校受験専門 塚本塾
お問い合わせフォームは
こちらから





中3のある塾生のことです。

仮に、Aさんとします。

Aさんは、典型的なコツコツタイプです。

しっかりもので、先の予定を考えて、段取りもちゃんとして・・・
内申(通知表)もコツコツ積み上げてきて、とても優秀な内申になっています

中学入学と同時に入塾したのですが、入塾当初から、

「山城通学圏トップの南陽高校に行きたい」

という、明確な目標を持って中1・中2を過ごしてきました

自分はコツコツ型だから、内申をしっかり確保して、その内申で勝負できるようにする、と自覚しながらです。

お父さん・お母さんもAさんの目標のために、たくさんのサポートをしてきてくださいました。



そのコツコツの努力の結果として、中3を迎えて初めての模試結果が出る頃には、

南陽高校合格への見通しが十分に立つようになっていました

残りあといくつかの要素を磨いていけば、合格はほぼ間違いないと読めるところまで来ていたのです。

受験生としては、かなり順調な、安心できるといっていい状態ですね



そのAさんが、先日私に相談を持ってきたのです。

「私、南陽より上の高校を目指してもいいですか?」

Aさんらしく、言葉の選択はだいぶ控えめでしたが、そこには強い意志が感じられました



公立高校で南陽より上のレベルとなると、必然的にもう、堀川・嵯峨野・西京・桃山自然科学科あたりになります。

これらの高校はそれぞれに、うちはこんな生徒に来てもらいたいというメッセージを添えた、非常に難度の高い独自の入試問題を課します。

そして、普通科の入試ほどは内申の比重が高くありません。
というよりむしろ、内申はほとんどカウントされないのが実情です。



ということは、コツコツ型で内申を積み上げ、実力一発勝負の入試には少し自信のないAさんにとっては、決して有利な選択とは言えません。

もちろん、そんなことはAさんも百も承知です。

でも、あえて茨の道を選択しようとしている・・・



Aさんのこの挑戦する気持ち、前向きな姿勢、私は大好きです

上があるなら、上を狙いたい。

いいじゃないですか。

能力があったとしても、やらない、挑戦したくない人がいる。

一方で、困難は承知の上でも、全力で闘おうと、まさに斬り込んでいこうとする人がいる。

私の好き放題?に運営している塾から、こういう子が出てきてくれて塾長冥利に尽きますね

今年の中3受験も、やりがいのある勝負になりそうです

塚本塾 二期生たちとの集い(^o^)

中間テスト表中間テスト裏


京都御三家・南陽・城南菱創 トップ進学校受験専門 塚本塾
お問い合わせフォームは
こちらから





塾がお休みだった昨日、久しぶりにこの子たちと集まりました

大学生の年齢になった、塚本塾の二期生たちです

女の子はべっぴんさんに、男の子はたくましく、ちゃんと成長していましたね~

特に男子は、塾生当時は勉強に関しては・・・ でしたが、

しっかり敬語も使うようになって、立派な大人になりそうな予感を感じさせてくれました
IMG_1883

みんないい顔していますね



この世代の代表は、やはりこのお二人でしょう

高校入試の前日、本当に私のおでこを拝んでいた人たちです


おでこを拝んだ日のブログはこちら


IMG_1880
変わっていませんね~

何でもやってくれます


若いみんなに、いっぱいエネルギーをもらいました

また集まりましょう

しかし、よう食べたなぁ

中3の祝勝会の時より高くついた・・・というのはナイショです

この子たち、やるな・・・

中間テスト表中間テスト裏


京都御三家・南陽・城南菱創 トップ進学校受験専門 塚本塾
お問い合わせフォームは
こちらから






連休が明けまして、塚本塾も昨日より通常に戻っております

連休明け、久しぶりに塾に来た生徒たちは、さぞ休みボケしとるんやろなぁ~と思いきや・・・

中学生たちは完全にテスト週間モードに入っていました

それも、ビシっと バシッと



まぁ、連休に入る以前からしつこくしつこく、


「連休明けたら全員テストモードね~

「特に中3生はスケジュール上、ここからが腕の見せどころやで~


と、イメージを植え付けてはいましたが・・・


いや~、完全に切り替えてきてます

この子たち、結構スゴイかも・・・



授業終わりに、

「沖縄でな、何回も英語で話しかけられてん

「中国人・韓国人に間違えられててん

なんていう話しを楽しそうに生徒に振っている私が、一番お休み気分が抜けていないのかも・・・

GWのお休みをいただきます。

中間テスト表中間テスト裏



京都御三家・南陽・城南菱創 トップ進学校受験専門 塚本塾
お問い合わせフォームは
こちらから





4/29(土)~5/7(日)の間、GWのお休みをいただきます

GWの連休が明けたら、すぐさま中間テスト週間ですね

特に中3生はここから、5月・6月とフル回転になります

まぁ、この状況をどう乗り切るかは、すでに中3生一人ひとりに確認済みですが



お休みの間も、お電話やメールは受け付けております

状況によってお電話がとれない場合でも、できるだけ速やかにお返事いたします

ご相談などありましたら、いつでもご連絡ください

1学期中間テスト 450点突破プログラム 受付開始です。

中間テスト表中間テスト裏


京都御三家・南陽・城南菱創 トップ進学校受験専門 塚本塾
お問い合わせフォームは
こちらから






今年度もやります


中間テスト 450点突破プログラム


受付を開始いたします


これからGWの連休に入りますね

塚本塾の連休は5/7(日)までです

連休が明ける5/8(月)には、もうすでにテスト10日前となっています

お休みモードから全開モードへと、極端に切り替えてください


「450点突破プログラム」参加ご希望の方は、お早めにご連絡くださいね

5/8(月)からの、連休明けすぐの参加も大歓迎です

詳細はこのブログのチラシをクリックしてご覧ください


とにかくやり切ってみたい、自分の限界を突破してみたいという気合いの入った人、大歓迎です

超・集中空間を体験してみてください

勉強のやり方というか、コツ その2

春チラシ表 春チラシ裏


京都御三家・南陽・城南菱創 トップ進学校受験専門 塚本塾
お問い合わせフォームは
こちらから





前回のブログにて、


・「勉強のやり方」を習得する前提として、多大な努力と圧倒的な量が必要

・できるようになるだけの努力と量を費やして、その結果、「やり方」に行き着く


というお話しをしました

すると、その考えに共感していただいた塾長さんからメッセージをいただき、
その塾さんのブログで紹介していただきました

城陽市寺田の、「勉楽個別」さんです


勉楽個別さんのブログ


勉楽個別さんは、1対1あるいは1対2スタイルの個別指導塾さんで、
塚本塾とはその指導方針や指導スタイル、目指す方向性がかなり異なる塾さんだと思います

それほど違う二つの塾ですが、勉強の本質という点においては、
勉楽個別の塾長さんも私も、全く同じ考えであるということですね


塚本塾は、「京都御三家・南陽・城南菱創受験専門」の塾です

そういうレベルを目指し、そのレベルをクリアしたい生徒に必要なのは、圧倒的なアウトプットの量です

学習内容を教わり、そして教わったことがわかるという、
いわゆるインプットの部分は、学校の授業を通して80%以上できていることが必要だと考えます

残りの20%を明確にして解決し、あとは実戦的なアウトプットの量(時間)を確保する、
これを実現するための、塚本塾の個別演習指導です

練習量を限界まで増やし、想定できるあらゆる練習をこなして本番に備える

まぁ、勉強もスポーツも芸術活動も、根底は同じですよね
来てくれた人
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

オンライン個別ライブ指導
一徹バナー
記事の中から検索
  • ライブドアブログ