京都御三家・南陽・城南菱創受験専門 塚本塾

堀川・南陽・城南菱創など、トップ進学校受験専門!
受験生の80%以上が京都御三家・南陽・城南菱創レベルに合格する塾です。
近鉄伊勢田駅を東に上がって徒歩2分! JR踏切の東側です!
TEL : 0774-26-6438    京都府宇治市開町12-7

広野中

塚本塾へのお問い合わせフォームはこちらから
 
塚本へのご相談メールはこちらから tsukamoto-juku@td5.so-net.ne.jp


          
     ◆◆◆京都御三家・ 南陽・城南菱創 トップ進学校受験専門 ◆◆◆
             2017年度入試 塚本塾 合格状況

   
 受験生の80%以上が京都御三家・南陽・城南菱創レベルに合格する塾です。
      小学生・中学生ともに、入塾テスト・入塾基準があります。
              入塾基準・詳しくはこちらから



        ◆◆◆ 夏期講習 「重要単元完成講座」 受付中 ◆◆◆

         ◆対象 小学3年生~中学3年生

         ◆日程 7/21(金)~8/12(土)・8/17(木)~8/31(木)
               上記日程から3日間を選択

         ◆時間 90分×3回
         
         ◆費用 8,000円(税・教材費込)


       
お申込み・お問い合わせはお電話か、下記のお問い合わせフォームよりご連絡ください。

塚本塾へのお問い合わせフォームはこちらから

メールでの塚本へのご相談も受け付けております。
塚本へのご相談メールはこちらから tsukamoto-juku@td5.so-net.ne.jp

満足しない心

夏チラシ表夏チラシ裏



京都御三家・南陽・城南菱創 トップ進学校受験専門 塚本塾
お問い合わせフォームは
こちらから





終業式ですね。

通知表をもらう時期がやってきました。

中学生は特に、通知表の成績が内申に直結するのでちょっとナーバスになる時期でもあります。



塚本塾生の中には、オール5&オールAの子がちらほらいます。
パーフェクトですね。

また、オール5&オールAと見せかけて・・・ 
ひとつだけBがついとるやないか~い!
という子もいます。

さらに、5の中にひとつだけ4、という子はもっといます。



どれもいい成績じゃないですか。

この成績なら、お父さん、お母さん、そして塾の先生にも褒められること間違いなしです。



でも、ウチの生徒たちはあんまり喜んでないんですね。

特に中3生はそうです。

オール5&オールAをとったとしても、まぁそれはそれ。
この先にまだやりたいこと、やるべきことがあるしね、という感じです。

手放しで喜んだり、それでもってテンション上がってる子がいません。

自分の進むべき道、昇るべきステージをじっと見据えています。



実はこれは、私としてはとてもうれしいことです。
彼らの成長ぶりに、感慨深いものがあります。

いい成績を取る、前よりも成績が伸びる。
でも、満足するふうではなく、さらに前を見る。

いい姿です。

この子たちのこと、ホンマにすごいなと思います。

入塾基準の理由

夏チラシ表夏チラシ裏


京都御三家・南陽・城南菱創 トップ進学校受験専門 塚本塾
お問い合わせフォームは
こちらから





夏期講習のお問い合わせを続々いただいております。
ありがとうございます。

あっ、中3はあと1名で受け付けを締め切ります(^_^;)




ここ数日、似たようなお話しを複数の方からいただきました。


例えば、塾生保護者の方。

「塚本塾は敷居が高くてウチの子には無理やっていう声を、周りのお母さん方からよく聞きますよ。入塾テストもあるし。」


例えば、よく行くお店の店員さん。
(中学生を持つお母さん)

「先生のところは、オール4ぐらいないとダメなんですよね?
うちの子の塾を考えています。少し成績が足らないんですけど大丈夫でしょうか?」



私が入塾基準を設けた理由はただひとつです。

塚本塾が、もっと勉強したい、バリバリやっていきたい、という人の集まる場となってほしいからです。

野球やサッカーなどのスポーツのクラブチームで、その競技を好きな子がガンガン練習しているように、

ピアノが大好きな子がピアノ教室で一所懸命に打ち込んでいるように、

「勉強を頑張りたい!」

「もっともっと上を目指したい!」

という子が思う存分に勉強する。

そういう集団というか、チームを作りたいんですね。



そしてそういうガッツのある子、あるいはその保護者の方は、

実は入塾基準や入塾テストなんかに怯まず、

いや、むしろ入塾基準があることも知らずに果敢に突っ込んで来られることが多いです(笑)



さらに言いますと、塚本塾の入塾テストは、やる気をみるためのテストでもあります。

自分の力で学習を進める個別演習指導の塾ですから、

もちろん、そのための点数(学力)は見ます。

が、やる気も見ます。

入塾テストは何回でも再テストが可能です。

もし仮に、1回目のテストで不合格だったとして、

しっかり準備をした後に再テストを志願してくるような子がいたら・・・

やる気に曇りがないのなら、もうそのガッツだけで合格です。



点数が良いとか悪いとかよりも、やる気とガッツが有るか無いか。

私は、そういうのが好きなんですよ。

果敢に突っ込んでこられる方、ぜひお待ちしてます(笑)

塾の持つ空気

夏チラシ表夏チラシ裏


京都御三家・南陽・城南菱創 トップ進学校受験専門 塚本塾
お問い合わせフォームは
こちらから




塚本塾は、



・頭のいい子

・バリバリ勉強をしたい子

・成績が今ひとつでも、勉強に対してほとばしるガッツのある子

・溢れんばかりのやる気を抑えきれない子



にとって居心地のいい塾です。

そしてこれからも、そうあり続けるための努力は惜しみません。




たとえば・・・

「はい、テスト◯◯点以下の人は居残り補習ね!」

巷の塾さんではよくある光景だと思います。
そういう私も、勤め人の頃はよくやっていました(笑)


これに対して、塚本塾では、勉強に関して何かを強制してやらせることは一切ありません。
塾にいるみんなが、自主的に頑張ろうという空気です。

みんなが頑張るからこの空気になるのか、
この空気だからみんなが頑張ろうと思うのか。

まぁ、両方でしょうね。



点数が悪い子の成績を上げたり、

やる気がない子のスイッチを押してあげたり、

そういうことをするのが塾の本分ではないのか!

という向きがあるのはわかりますし、確かにそれは必要だと思います。



でも、

最初から450点の子が480点に上がったり、

やる気満々で入塾してきた子が、そのやる気にさらに火をつけたり。

初めから成績のいい子や、

さらなる高みを目指したい子。

そういう子が快適に過ごせる塾でありたいと思います。



実は、このピンと張り詰めた雰囲気を維持することと、

勉強ができる子の要求に応えつつ、高い次元へ引き上げてあげることは、

結構難しいんですけどね・・・

これが私の存在意義、これからも絶対に譲れないところです。

今夏は中3生を2名募集(^o^)

夏チラシ表夏チラシ裏



京都御三家・南陽・城南菱創 トップ進学校受験専門 塚本塾
お問い合わせフォームは
こちらから




最近入っているチラシです。
期末テスト結果を受けてのお問合わせが増えてきました。
ありがとうございます。




毎年今頃の時期になると、ぼちぼち中3生の募集を締め切っていますが、
今年はあと2名の募集をいたします。

中3生の定員まで、あと2名空いているからです。

ちなみにこの定員の数ですが、座席の有無などの物理的な要素による定員数ではありません。

「今年はあと2名ほど中3生を指導したいな~」という、
塾長である私の気分で決まる定員数です

私の気分で決まる定員数ですが、さすがに夏以降は中3生の受け付けを締め切りますので、ご了承ください。

前半戦で最も熱い、「夏期講習」や「夏期合宿」を共に過ごさないとなると、
やはり気持ちの上で、一緒にやっていくことはちょっと難しいです。

ましてやトップ校を目指すとなると、それなりの時間も必要ですしね。



今年は珍しく、中3生専用講座をチラシに掲載しました。

「トップ校合格100時間特訓」です。




ええ~!100時間も!!ムリムリ~

という方は無理でしょう。はい。
他の塾さんの、お手軽な夏期講習をおすすめします。



100時間!よっしゃ、やったろ~!!

という方、その気合いを持って、ぜひいらっしゃい!
トップ校合格の真髄を授けましょう!


まぁ、塚本塾中3生はこの夏100時間どころじゃないんですけどね(笑)

期末テスト期間も粛々と

夏チラシ表夏チラシ裏


京都御三家・南陽・城南菱創 トップ進学校受験専門 塚本塾
お問い合わせフォームは
こちらから




火曜日に新聞に入っているチラシです。
早速お問い合わせをいただきました。
ありがとうございます。



こんな記事がありました。


勉強ができると肩身が狭い?



まぁ、私自身は優等生からは程遠かったので、優等生の本当の気持ちはわかりませんが(笑)

塚本塾の方針といいますか、思うところと同じことを書いてくれています。


野球やサッカーに打ち込んでいると、すごいねえ、頑張っているねえと言われる。

私が学生時代はネクラなスポーツとされていた卓球で、中学生チャンピオンが登場して話題をさらう。

スポーツではない、汗と涙のさわやかなイメージを伴いにくい将棋でさえ、
中学生の大活躍に賞賛の嵐が巻き起こる。


なぜ、勉強に打ち込んでいる子にだけは、

「勉強だけできても、ガリ勉ではアカンで。」

のようなスタンスになるのでしょうか。


スポーツや芸術などと同じく、正月返上で勉強に打ち込んでもいい。

勉強ができるなら堂々と、自分がよりよい人生を生きるための武器にすればいい。


少なくとも塚本塾の生徒たちには、そう考えるようになってほしいし、
そのように行動してほしい。
IMG_2565IMG_2567





うちの子たちは、期末テスト期間も粛々と行動していました。

IMG_2557

あっ、高校生たちはぼちぼち始動です。



そんな考えに賛同いただける方からの、お問い合わせをお待ちしております。

もちろんやります! 期末テスト「450点突破プログラム」 

8耐1日体験講座8耐1日体験講座裏


京都御三家・南陽・城南菱創 トップ進学校受験専門 塚本塾
お問い合わせフォームは
こちらから





初めてお問い合わせをいただいた保護者様から、こんな質問を受けました


「今回の期末テストでは、いつもやっておられる対策講座はないんですか?」


はい

「450点突破プログラム」のことですね

もちろんやりますよ~


今回は、

「8時間耐久特訓(8耐) 1日体験講座」を作ってみたので、
450点突破プログラムが表に出ていなかっただけでした


しかしありがたいことに、ブログにアップもしていないのに、テスト対策講座についてご興味を持っていただいて

しかも、新聞折込チラシはおそらく届いていない地域からのお問い合わせです

うれしいですね~

こんなに小さな塾がコツコツと地道にやっている取り組みを、遠いところから興味を持って見てくれてはる方がいらっしゃるんです。

テンション上がります

ブレずに頑張ろう と想いを新たにしました

偶然とはいえ・・・(^_^;)

8耐1日体験講座8耐1日体験講座裏



京都御三家・南陽・城南菱創 トップ進学校受験専門 塚本塾
お問い合わせフォームは
こちらから





高校の中間テスト期間の時の話し。


城南菱創高校1年生のIくんとSさんは同じクラス

テスト範囲を見せてもらっていたら、ふと、彼らの時間割表が目につきました。

何気なく見せてもらうと、その時間割表の中にかつて見覚えのある名前が。

それは、私の高3の時の担任の先生と同じ名前でした

とはいえ、私が高3だったのは27年も前のこと。

今もまだ、同じ先生がご活躍中とは考えにくいなと思いながらも計算すると・・・


いや、あり得る


若い先生だったので、計算してみると年齢的に定年ちょい前ぐらいのお年です。

実はそれより前に、そのクラスのクラス写真を見せてもらっていました。

あの、担任の先生が真ん中に座って、クラス全員で撮るやつです。

でも、その時は担任の先生には全く興味がなく 完全にスルーしていました

改めて写真を見せてもらうと・・・


バッチリY先生でした

私の記憶の中のY先生そのままに、髪だけがめっちゃ白くなって

そら、気づかんわ


で、IくんやSさんがテスト勉強中に英語の質問を持ってくるのです。

「全然わから~ん」って。

この授業の先生はどんな先生?と尋ねると、

「Y先生

なんか、複雑な気持ちです


高校生当時、ダメダメだった私が今、塾を経営していて、

当時の担任の先生の授業についての質問を、自分の生徒から受けている・・・


うれしいような、なんか失礼なような・・・


今度機会が会ったらY先生に会いに行きたいと思います

中間テストフォロー3日間講座 受付中!

中間フォローアップ表中間フォローアップ裏


京都御三家・南陽・城南菱創 トップ進学校受験専門 塚本塾
お問い合わせフォームは
こちらから






テストに向けて、テスト前に頑張って備えるのは当たり前ですね。

これは、たいていの人がやっていると思います。

でも、テストが終わってからその結果・内容を吟味して、
次につなげられるように復習に取り組んでいる人は、ほとんどいないのではないでしょうか。


特に中3生は、これから学校の実力テストや塾での模試がたくさん待っていますね。

実力テストや模試で求められる総合力と、
定期テストで求められるひとつの単元に対しての深い理解力とでは、
その求められる力の種類が少し異なります。

したがって、そういうことを意識した上で、必要な内容を吟味して行う復習と、
ただ闇雲に、片っ端から問題を処理していくという復習とでは、その効果が大きく違ってくるのです。

私が最もお役に立てるのは、ここをしっかりと指示・指導してあげられる点です

まぁ、実際にやるのは生徒本人ですから、みなぎるやる気を持っていることが前提ですが


せっかく頑張った中間テストですから、しっかりやり直して自信をつけてみませんか。

その絶好の機会として、塚本塾では中学生を対象に、



中間テストフォロー3日間講座



を実施します。

詳細については、このブログに貼ってあるチラシをご覧ください

まずは保護者様との面談からスタートいたします。

ご希望の方には、塾職人・塚本が学習・進路相談もいたします。

次こそはと、決意を新たに、気合いの入った方からのお問い合わせをお待ちしております。

1学期中間テスト 8時間耐久特訓(8耐)

中間フォローアップ表中間フォローアップ裏


京都御三家・南陽・城南菱創 トップ進学校受験専門 塚本塾
お問い合わせフォームは
こちらから





5/13(土)・14(日)は8時間耐久特訓(8耐)でした。

9時から18時まで、昼休みとおやつ休憩をはさみながら、各自が中間テストに向けての取り組みを行います

新学年となって初めての「8耐」でしたが、今年度は今までにない、ある変化が・・・


中3生は、さすがに最上級生。
中1の頃の休み時間には賑やかに騒いだり、おやつのお菓子を独り占めしたりと、
かしこいけど精神年齢低い系 だった男子たちが驚くべき落ち着きぶり

おやつの時間にも動かず、ずっと席に着いているのです


中2生は、中1の頃からたいへん落ち着きのある子たちです
昼ごはんの後には塾の図書を引っ張り出してきて読書、
おやつ休憩も勉強しながらのおやつ、というタイプで・・・


そして中1生は、中1ながらに慎重に、一生懸命やり込む集団で、
体力・知力ともに、初めてのテストとは思えないほど8耐にフィットしています


こうして見てみると、今年度の中学生は全学年、超落ち着き系

「8耐」の昼休みとおやつの時間が、超静か

まあでも、考えてみると、上位校を目指す進学塾としては、これが本来あるべき姿なのかも・・・

年度によって、その年のメンバーによって、こんなにも塾の雰囲気が変わるものなんですね

今年は、「落ち着き系」で最後まで引っ張ってみたいと思います

挑戦する気持ち

中間フォローアップ表中間フォローアップ裏


京都御三家・南陽・城南菱創 トップ進学校受験専門 塚本塾
お問い合わせフォームは
こちらから





中3のある塾生のことです。

仮に、Aさんとします。

Aさんは、典型的なコツコツタイプです。

しっかりもので、先の予定を考えて、段取りもちゃんとして・・・
内申(通知表)もコツコツ積み上げてきて、とても優秀な内申になっています

中学入学と同時に入塾したのですが、入塾当初から、

「山城通学圏トップの南陽高校に行きたい」

という、明確な目標を持って中1・中2を過ごしてきました

自分はコツコツ型だから、内申をしっかり確保して、その内申で勝負できるようにする、と自覚しながらです。

お父さん・お母さんもAさんの目標のために、たくさんのサポートをしてきてくださいました。



そのコツコツの努力の結果として、中3を迎えて初めての模試結果が出る頃には、

南陽高校合格への見通しが十分に立つようになっていました

残りあといくつかの要素を磨いていけば、合格はほぼ間違いないと読めるところまで来ていたのです。

受験生としては、かなり順調な、安心できるといっていい状態ですね



そのAさんが、先日私に相談を持ってきたのです。

「私、南陽より上の高校を目指してもいいですか?」

Aさんらしく、言葉の選択はだいぶ控えめでしたが、そこには強い意志が感じられました



公立高校で南陽より上のレベルとなると、必然的にもう、堀川・嵯峨野・西京・桃山自然科学科あたりになります。

これらの高校はそれぞれに、うちはこんな生徒に来てもらいたいというメッセージを添えた、非常に難度の高い独自の入試問題を課します。

そして、普通科の入試ほどは内申の比重が高くありません。
というよりむしろ、内申はほとんどカウントされないのが実情です。



ということは、コツコツ型で内申を積み上げ、実力一発勝負の入試には少し自信のないAさんにとっては、決して有利な選択とは言えません。

もちろん、そんなことはAさんも百も承知です。

でも、あえて茨の道を選択しようとしている・・・



Aさんのこの挑戦する気持ち、前向きな姿勢、私は大好きです

上があるなら、上を狙いたい。

いいじゃないですか。

能力があったとしても、やらない、挑戦したくない人がいる。

一方で、困難は承知の上でも、全力で闘おうと、まさに斬り込んでいこうとする人がいる。

私の好き放題?に運営している塾から、こういう子が出てきてくれて塾長冥利に尽きますね

今年の中3受験も、やりがいのある勝負になりそうです
来てくれた人
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

オンライン個別ライブ指導
一徹バナー
記事の中から検索
  • ライブドアブログ